Home世界のニュースアルバニア、7月以来2回目のサイバー攻撃でイランを非難

アルバニア、7月以来2回目のサイバー攻撃でイランを非難



アルバニア内務省の声明によると、最新のハッキングにより、アルバニア当局は、アルバニアに出入りする人々のデータを追跡するためのシステムである総合情報管理システム(TIMS)を一時的にオフラインにすることを余儀なくされました。

アルバニアのエディ・ラマ首相はツイートで、サイバー攻撃は7月のハッキングを実行した「同じ攻撃者」の仕業だと主張した。 内務省によると、ハッキングは金曜日に発生し、土曜日の夕方までに、同省は TIMS のすべての側面がすぐに復元されると予想していると述べました。

この事件は、7月のサイバー攻撃を受けて「米国の同盟国の安全を脅かす行動についてイランに責任を負わせる」と今週誓ったバイデン政権とNATO加盟国に新たな挑戦をもたらす.

金曜日の財務省 制裁を受けたイランのスパイ機関 アルバニア政府の一部のサービスを停止させ、アルバニア政府が復旧に奔走することになった 7 月のハッキングを実行した疑いが持たれています。 ホワイトハウスは、米国の当局者が何週間も現場で支援していると述べた. アルバニアはイランとの外交関係を断絶し、ハッキングが国家間の関係の断絶を促した最初の事例となる可能性がある。

7月のハッキングは、イラン政府の転覆を主張し、テヘランがテロ組織と見なしているイランのグループであるMEKのメンバーが出席する予定だったアルバニアでの会議の前に行われました。

NATO加盟国は木曜日の声明で、「同盟国の安全を不安定にし、害し、市民の日常生活を混乱させるように設計されたこのような悪意のあるサイバー活動を強く非難する」と述べた.

これに対し、ブリュッセルのイラン大使館は金曜日、イランが7月のハッキングの背後にいるという「根拠のない告発を拒否した」。

イランの国連代表部のスポークスパーソンは、最新のハッキング事件に関する土曜日のコメント要請にすぐには応じなかった。

2007 年、米国政府は、ブッシュ政権の自称「対テロ戦争」の同盟国であるアルバニアが、移民を処理するための TIMS ハードウェアおよびソフトウェア システムを展開するのを支援しました。 アーカイブされた国務省のページによると.

CNN は、ホワイトハウスの国家安全保障会議にコメントを求めました。

NATO事務総長のJens Stoltenbergは、サイバー攻撃がNATOの集団的防衛条項を引き起こし、すべての加盟国が別の加盟国への攻撃を防御することを要求する可能性があると述べました. しかし、その原則は実際にテストされたことはなく、そのような集団的防御のしきい値が何であるかは不明です.

「残念ながら、それが真実であっても驚かないでしょう。 [that Iran was behind the latest hack]7月のハッキングを調査したセキュリティ会社Mandiantの情報分析担当副社長John Hultquist氏はCNNに語った。 これらのインシデントの代償が最終的に彼らに受け入れられるかのようです.」

関連記事

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最も人気のある

最近のコメント