Home仕事インフォシスの自社株買いで投資家が考慮すべきことは次のとおりです。

インフォシスの自社株買いで投資家が考慮すべきことは次のとおりです。


Infosys Ltd. は、12 月 7 日から公開市場での自社株買いを開始しました。 買い戻しプログラムは、投資家が一定レベルの信頼を得るのに役立ち、株価に何らかの下限を提供します。

たとえば、Infosys は 1 株あたり 1,615 ルピーの平均価格で 2 億ルピー相当の株式を購入しました。 ただし、買い戻しの最高価格は 1 株あたり 1,850 ルピーです。

買い戻しは最大6か月間継続されます。 Infosys は、9 月 30 日の時点で同社の払込資本金の約 1.19% に相当する約 5000 万株を単独で、1 株あたり最大 1,850 ルピーで買い戻す予定です。

ただし、価格が下限価格である 1,850 ルピーを下回った場合、買い戻される株式の数は上限を超える可能性があります。 買い戻しオファーの総額は 9,300 ルピーです。

独立専門家のマハンテシュ・サバラド氏は、インフォシスの買い戻しで株を買わないことを勧めています。 「過去の傾向にあるように、1株当たり利益が上昇し、バランスシートが改善され、株主資本利益率が改善され、買い戻しオファーの価格が市場価格を大幅に上回っているため、株は買い戻し後に少しずつ上昇すると予想されます。 そのため、大きなプレミアムが期待できます。」

Dolat Capital のリサーチ (IT) 担当副社長である Rahul Jain 氏は、今日の時点で、Infosys の目標価格を 1,650 ルピーにしていると語った。インデックスの重要な構成要素であるため、クライアントは引き続きそれを所有できます。」

彼が注目している次のトリガーは、同社による 24 年度の予測です。 絶対的には、Infosys は大きな買い物ではなく、HCL Tech と並んで優先候補として維持しています。



関連記事

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最も人気のある

最近のコメント