Home仕事印米通商政策フォーラムが1月11日にワシントンで開催

印米通商政策フォーラムが1月11日にワシントンで開催


米印通商政策フォーラムは、両国間の貿易と投資の問題を解決するためのフォーラムで、1 月 11 日にワシントンで会合を開くと商務省が日曜日に述べた。

TPF には、農業、投資、イノベーションと創造性 (知的財産権)、サービスと関税、非関税障壁の 5 つのフォーカス グループがあります。

この会議は、ピユシュ・ゴヤル商工大臣と米国通商代表のキャサリン・タイが共同議長を務める。

同省によると、ゴヤル氏は1月9日から11日までニューヨークとワシントンDCを公式訪問する。

2021 年 11 月 23 日に 4 年ぶりに第 12 回 TPF 会議が開催されました。

「前回の閣僚会議の後、作業部会が再び活動を開始した。 TPF は、貿易分野における両国間の継続的な関与と、両国間の貿易および投資関係を促進するためのプラットフォームです。 両国は会談を楽しみにしており、貿易問題の進展に自信を持っている」と同省は述べた。

会談は、両国の地方選挙のため、昨年11月初めに延期された。

昨年の会議で、インドは、インドの輸出業者に対する GSP (Generalized System of Desire) 特典の復活を求めました。

貿易をさらに促進するために、双方は、未解決の貿易問題の解決に向けて協力し続ける意向を表明しました。これらの問題のいくつかは、近い将来に収束に達するために追加の関与を必要とするからです。

両国間の二国間貿易は、2020-21 年の 805 億ドルから 2021-22 年の 1,195 億ドルに増加しました。 インドは、2000 年 4 月から 2022 年 6 月までの間に、米国から 556 億 1000 万ドルの海外直接投資を受けました。

訪問の最初の行程では、Goyal は有名な多国籍企業の CEO と交流し、ビジネス リーダーやシンクタンクとの円卓会議に参加し、ニューヨークの業界を訪問します。

両国は、QUAD(四国安全保障対話)、I2U2(インド・イスラエル/UAE・米国)、IPEF(インド太平洋経済枠組み)の下でも協力しています。

インド、イスラエル、UAE、米国で構成される I2U2 は、2021 年 10 月に設立されました。



関連記事

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

最も人気のある

最近のコメント