Home仕事サムスンインド、ギャラクシーAIにヒンディー語を追加し、言語サポートを拡大

サムスンインド、ギャラクシーAIにヒンディー語を追加し、言語サポートを拡大


韓国の電子機器大手サムスンは月曜日、ベンガルールにある研究開発センターがギャラクシーAI用のヒンディー語AIモデルを開発し、タイ語、ベトナム語、インドネシア語など他の言語向けにも技術を強化したと発表した。サムスンR&Dインスティテュート・インディア・ベンガルールは韓国以外ではサムスン最大の研究開発センターで、世界中のチームと協力し、イギリス英語、インド英語、オーストラリア英語向けのAI言語モデルも開発したと同社は声明で述べた。



関連記事

最も人気のある

最近のコメント