Home世界のニュースペルーの性的暴行を受けた先住民の少女たちには免責ではなく正義を — グローバル問題

ペルーの性的暴行を受けた先住民の少女たちには免責ではなく正義を — グローバル問題


ペルー北東部アマゾナス州コンドルカンキ県にある、アワフン族の先住民の少女たちが暮らす寮。彼女たちはそこで生活し、異文化間バイリンガル教育を受けている。写真提供:ローズマリー・ピオック
ペルー北東部アマゾナス州コンドルカンキ県にある、アワフン族の先住民の少女たちが暮らす寮。彼女たちはそこで生活し、異文化間バイリンガル教育を受けている。写真提供:ローズマリー・ピオック
  • マリエラ・ハラ(リマ
  • インタープレスサービス

「私たちの報告は2010年に始まったが、政府は少女に対するレイプを根絶するために行動していない。私たちは再び不処罰が続くことを懸念しており、政府はこの点で非常に戦略的である」とコンドルカンキ市のアワジュン/ワンピス・ウムカイ・ヤウィ(コムアウイ)女性評議会のローズマリー・ピオック会長はIPSに語った。

6月、コムアウイの女性リーダーらは、アマゾナス州の7つの州のうちの1つであるコンドルカンキの学校で2010年から2024年の間に532人の少女がレイプされたと報告した。これらの学校は5歳から17歳までの児童と青少年にバイリンガル教育を提供している。

こうした学校や避難所では、加害者からHIV/AIDSに感染し、わずか5歳の女の子が亡くなっている。

これは貧困と脆弱性の中で暮らす先住民の少女たちに対する悪化した性的暴力であり、人口3,300万人のこの南米の国では未成年者に対する性的暴行が増加している。

による 女性・社会的弱者省ペルーでは、2023年に17歳未満の児童に対する性的暴力の報告が3万件登録された。

しかし、特に農村住民や先住民コミュニティが関与している場合、さまざまな経済的、社会的、行政的障壁により、多くのケースが公的機関に届けられません。

ペルーには55の先住民族がおり、人口は400万人で、太古の昔から国土に暮らしている。 文化省データベース

これらの先住民のうち 4 部族はアンデス地域に、51 部族はアマゾン地域に居住しており、その中にはアマゾナス州、サン マルティン州、ロレト州、ウカヤリ州、カハマルカ州に住むアワフン族も含まれています。しかし、先住民の 96.4% は主にケチュア族のアンデス人であり、アマゾン人はわずか 3.6% です。

国内法および国際法では先住民族の少女たちの権利とアイデンティティが保証されているが、実際には先住民族の少女たちにとってはそうではなく、貧困や教育、健康、食糧へのアクセスにおける不平等が依然として残っている。

2024年の公式統計によると、国内人口の30%が 貧困に暮らす民族的自己認識によって区別すると、幼少期に母国語を学んだ人の間では、この割合は 35% に上昇します。

極度の貧困率は全国平均の5.7%に達し、43万3000人以上の住民を抱えるアマゾナス州では10.5%にまで上昇している。アマゾナス州では先住民族の家族が主に農業、狩猟、漁業、野生の果物の採取で生計を立てている。

「血まみれの女の子を拾った」

バイリンガル異文化教育はペルーの国家政策です。

そのため、コンドルカンキ州の場合、セネパ川、ニエバ川、サンティアゴ川のほとりにある遠隔地のコミュニティに住む先住民の子供や十代の若者の教育へのアクセスを強化するために学生寮が作られました。

同州には18の寮があり、少女たちはそこで年間を通して生活し、食事を受け取り、学校に通っている。

「彼女たちは川を渡って何時間も何日もかかるため毎日家に帰ることができない。そのため教師や指導者は彼女たちの世話を保証する代わりに、この状況を利用して虐待するのだ」と、自身もアワジュン族の一員であるピオック氏は語った。

過去 14 年間で、このような状況下で 500 件を超える強姦事件が記録されています。

リーダーは、これらのシェルターは 文部科学省彼らは非常に劣悪な環境で生き延びており、自力で生き延びなければなりません。

ピオック氏は何年もの間、生徒に対する性的暴力を非難してきたが、アマゾナス州政府の教育に関する地方分権機関である地方教育管理局(Ugel)は、加害教師を起訴し解雇するための対応を怠ってきた。

「私たちは逆さまの国にいる。2017年に私と同僚が少女たちを非難したり擁護したりしたとして通報されたからだ」と彼女は語った。

コンドルカンキ出身のピオックさんは、自分の現実をよく知っている。小学校教師だったとき、彼女はひどい目に遭った。「私は虐待され血まみれになった少女たちを拾い、レイプされたことを聞いても親が気に留めず、彼女たちの絶望に耳を傾けました」と彼女は語った。

彼女はコムアウイに完全に身を捧げ、報告を続け、免責を防ぐために教職を辞めた。

「校長が生徒2人に触りました。両親は必死に彼をウゲルに通報しましたが、何も起こりませんでした。彼は契約を続行し、その後5歳の姪を強姦しました。『通報したければ通報してください。何も起こりません』と彼は私に警告しました。そしてその通りになりました。起訴されたのは私です」と彼女は訴えた。

1か月前、モルガン・ケロ教育大臣とテレサ・エルナンデス女性問題担当長官が、これらの出来事を先住民の文化的慣習によるものだとして正当化した際、先住民女性たちの報告は広く聞かれた。

この発言は人種差別的であり、性暴力を処罰し防止する政府の責任を回避しているとして、さまざまな分野から激しく拒否された。

ピオック氏は大臣らの発言を非難し、教育庁が命じた制裁措置やその他の措置の発表に信じられない思いを表明した。「彼らは技術的な協議の場を設けているが、強姦犯が刑務所に収監され、少女たちの健康が守られて初めて、彼らが従ったと言えるだろう」と彼女は語った。

両大臣は後に謝罪し、誤解されていたと述べたが、解任を求める声が多数あるにもかかわらず、両大臣は職務を継続している。

被害者は一生傷を負う

アマゾナス州オンブズマン事務所を率いる弁護士ジェノベバ・ゴメス氏は、彼女の担当部門では2017年、2018年、2019年に学生寮の剥奪や、行政レベルおよび検察庁における性的暴力事件の捜査の欠陥が報告されたと述べている。

この状況を是正するために、彼女の事務所は「予算を増やし、教師の調査を担当する常設行政手続委員会を強化し、強姦は時効のない犯罪であるため、行政レベルで時効が成立した事件は検察庁に送致されるべきである」と勧告したと彼女は説明した。

ゴメスさんは、同市の市長が招集した女性と家族に対する暴力事件の予防、対応、処罰に関する調整機関の会議に出席するため、同じくアマゾナス州チャチャポヤス(同市の組織の本部)からコンドルカンキに向かう途中、IPSの取材に応じた。

弁護士は、性的暴行を受けたアワジュンの少女たちは一生傷を負うことになるので、彼女たちとその家族に正義と精神的サポートを保証する仕組みを緊急に導入する必要があると主張した。

「社会として、こうした行為は基本的人権を侵害するものであり、無視されるべきではないということを明確に認識しなければならない」と彼女は強調した。

ゴメス氏は、遅くとも8月までにコンドルカンキにゲセル法廷が設置される予定だと述べた。ゲセル法廷は、未成年者に対する性的暴力事件の検察捜査において、一度の取り調べで再び被害者になるのを防ぐ重要な手段である。最寄りの法廷はバグア・グランデ市にあり、車で7時間かかる。

法廷は、一方通行の覗き窓で仕切られた2つの部屋から構成されています。一方の部屋では、レイプやその他の性的暴行の被害者である子供や10代の若者が心理学者とこの暴力について話し、事件に関連する情報を提供します。もう一方の部屋では、家族、弁護士、検察官が被害者に見られずに傍聴します。

その後、担当の心理学者が、傍聴人から要求された点について質問します。すべて記録され、裁判の有効な証拠となり、被害者は法廷で証言する必要がありません。

ゴメス氏はまた、司法へのアクセスには多くの障壁があり、国民、特にアワジュンの少女たちに免責のメッセージを送らないように、それらを取り除くのは政府の責任であると述べた。

彼女はまた、この地域の教育部門の代表者らの存在を歓迎したが、これは一定期間の事後対応的な取り組みではなく、予防を含む継続的かつ計画的な取り組みであるべきだと考えた。

© インタープレスサービス (2024) — 無断転載禁止出典:インタープレスサービス

関連記事

最も人気のある

最近のコメント