Home世界のニュース本物であることが進歩への道を開く — 地球規模の問題

本物であることが進歩への道を開く — 地球規模の問題


シーイン・アウムはカンボジア北東部の遠隔地ラタナキリ州でエコツーリズムを推進している。写真提供:クリス・ジャンセンス/IPS
  • クリス・ヤンセンス(プノンペン
  • インタープレスサービス

長年にわたる大きな変化

私がカンボジアに到着したのは2015年の冬、正確には1月7日でした。当時、この日が1979年のクメール・ルージュ政権の公式終焉を記念するカンボジアの歴史上重要な日であることを知りませんでした。正直に言うと、カンボジアについてはほとんど何も知りませんでした。

私はインドに戻る前に、ここでしばらく滞在するつもりでした。ちょうどそこでラジオのリポートを終えたばかりでした。カンボジアの独特の精神が私の決断と人生の方向性を変えました。この国はすぐに私にとってとても親しみやすくなり、約 18 か月後の 2016 年の秋にここに永住することを決意しました。私は今でもこの魔法の王国に住むことができてとても幸せです。

しかし、長年にわたり、カンボジアは大きく変化してきました。首都プノンペンでは、小さな店や居心地の良いコーヒーバーが、高層銀行のビルに取って代わられています。そして、絵のように美しい空港は、間もなく、市の中心部から遠く離れた、私が大好きな人間規模の都市と比べると釣り合いが取れない巨大なターミナルに置き換えられます。

この国は魂の一部を失いつつあると感じており、手遅れになる前にこの本物の精神を捉えて記録したいと思っています。

非常に若い人口

カンボジアが転換点を迎えているのは、主に人口動態と歴史による。1970年代の残忍なクメール・ルージュ時代には150万人以上のカンボジア人が亡くなった。ポル・ポト時代には権力の空白が続き、平和と安定が回復したのは1990年代になってからだった。

現在、カンボジア人の半数は25歳未満です。これは戦争や暴力のない環境で育った最初の20歳世代です。これらの若者は人生を前進させたいと考えています。そしてそれは通常、田舎から離れることを意味します。 プノンペンの人口は過去10年間で170万人から240万人に増加した。

人口予測によると、プノンペンの人口は2035年までに300万人を超える見込みだ。この都市で学び、農業や漁業からテクノロジーや観光業に転向したいカンボジアの若者が増えている。

厳しい経済現実

この変化は、シェムリアップや有名なアンコールワット寺院に近い、トンレサップ湖の岸辺にある高床式の村、カンポンクレアンではっきりと見ることができます。早朝、ガタガタのカヌーに乗って、日の出に向かう広い海に出て行きます。しかし、私にとって牧歌的に見えるものは、ここの漁師たちの厳しい経済的現実を表しています。漁獲量は少なく、生活は厳しいのです。

「息子は水辺から離れた街で働くつもりです」とボレイさんは言う。先祖は何世代にもわたって漁師として暮らしてきたので、これは伝統の終わりだ。「でも、水辺で暮らすのは難しくなりました。漁師が多すぎるんです」。内気な10歳の息子は静かに前を見つめている。どこで働きたいかと尋ねると、少しためらった後、「警察で」と答えた。

「それは典型的な答えです」とチャイ・ドーブ氏は言う。彼はカンボジア農村学生トラストの事務局長であり、貧困な農村家庭の学生に奨学金を提供するNGOだ。

「若者たちは街にやってくると、警察官、兵士、医者、教師になりたがります」と彼は言う。「しかし、彼らは徐々に、例えば不動産業界や弁護士として働くこともできるということに気づきます。」

親たちの間で顕著な不信感

ドエブ氏は、カンボジア経済はさらに発展し、多様化すると信じている。「しかし、タイやベトナムのような近隣諸国の経済レベルにはまだ達していません」と彼は言う。

2011年の設立当初、この団体は村々を訪ね、学生たちにNGOの善意を納得させなければならなかった。現在では、毎年20の新規枠に対して1,000人近くの応募がある。奨学金の資金はオーストラリアから提供される。

ドーブさんは、親たちの間では未だに不信感があり、子供が街で何をしているのか疑問に思っていることに気づいている。

カンボジアの内陸部のメコン川沿いにある小さな町、クラチェでも、私はこの疑念を経験した。典型的な田舎の村人たちは、頭は太陽に焼け、体は重労働で皺だらけで、粘土で彫られた人物のように見える。

私は夕暮れ時に牛を牛舎に戻そうとしているプローム・ヴェアスナに出会った。私たちが話していると、彼の近所の人が原付バイクで通りかかった。彼はヴェアスナのむき出しの腹をからかうように握った。「私たちは友達だよ。ここではみんなお互いを知っているんだ」と彼は言った。彼の息子はプノンペンで建設作業員として働いているが、彼自身は一度も行ったことがない。「汚染されているから、すぐに病気になってしまうよ」

ヴェアスナさんはずっと農家として働いてきた。「教育を受けていないから、他に選択肢がなかったんです」。彼は4人の子どもたちに違う未来を与えたいと願っている。「娘は英語と中国語を学んでいます」。私たちが娘のことを話していると、娘は自転車で通り過ぎていく。「彼女は何にでもなれるよ。とても賢いんだ」と誇らしげな父親は言う。

経済の活性化

メコン川の上流、隣のストゥントレン県で、広大な森林地帯にある一軒家に住む退職した夫婦、ティープ・チュエンさんとコム・リアンさんに出会った。「ここではコロナは一度も起きなかったよ。都会の住人とは関わったことがないからね」と二人は満面の笑みで話してくれた。

彼らは完全に自給自足なので、近くの町に行く必要はない。「私たちには4ヘクタールの土地があります」とティープ・チュエンさんは言い、妻はキュウリの仲間で味がマイルドな果物である自家栽培の冬瓜を誇らしげに見せた。

この地域はカシューナッツでも有名です。「今まさに新しい工場が建設中なので、農家は生産量を増やすことができます」。工業化によって自分たちの愛する故郷の景観が変わることは承知していますが、この開発が実現するのを待ちきれません。「経済が活性化し、子どもや孫の世代に恩恵をもたらすでしょう」。

エネルギーに溢れた国

シーイン・オウムは、なんとか成功して成功した人の典型的な例です。彼は子供の頃、自然の中で生き残る方法を学びました。「私たちはいつも十分なお金があったわけではありませんでした」と彼は言います。「しかし、森を知り、理解していれば、必ず何か食べるものが見つかります。」

現在、彼はカンボジア北東部の辺境にあるラタナキリ州でエコツーリズムを推進しており、成功している。ジャングルを歩いている間、彼の携帯電話2台のうちの1台に電話や注文が絶えずかかってくる。「私たちの国はエネルギーにあふれています」と彼は笑いながら言う。

この起業家は、伝統的な少数民族が暮らすこの地域を、西洋の聴衆に敬意を持って売り込むことに成功した。今のところ、本物と進歩はここでは両立している。

この国は、卒業生全員に満足のいく仕事を提供するという、控えめに言っても多くの課題を抱えています。カンボジア人にとって安定を求める気持ちは重要ですが、計画を持ち、着実に結果に向かって努力しているシーエンのような野心的な人々も見受けられます。今から5~8年後には、この国はまったく違った姿になっているでしょう。

© インタープレスサービス (2024) — 無断転載禁止出典:インタープレスサービス

関連記事

最も人気のある

最近のコメント