Home健康添い寝のメリットとリスク(そして安全に行う方法)

添い寝のメリットとリスク(そして安全に行う方法)


添い寝は親たちの間でかなりの議論を巻き起こしている話題である。 小児科医、研究者支持者は、親と赤ちゃんの両方にとって睡眠の質が向上するなどの利点を強調する。しかし、SIDSのリスクやその他の安全上の問題に対する懸念から、警告する人もいる。

この投稿では、現在の安全ガイドラインを確認し、添い寝を検討している親に役立つヒントを提供します。さらに、私が自分の子供が赤ちゃんだったときに何をしたかについても共有します。

添い寝とは何ですか?

添い寝とは、両親が赤ちゃんや幼児(通常は生後 1 年まで)と寝る場所を共有することです。多くの両親は、それより長期間、同じ部屋を共有することに決めます。

添い寝を赤ちゃんを腕の届く範囲に置くことと定義する人もいれば、 両親と赤ちゃん 同じ部屋で寝ること。部屋を共有する場合、赤ちゃんは両親のベッドの隣、または部屋の反対側にあるベッドやベビーベッドで寝ることがあります。部屋を共有することは、少なくとも生後 6 か月までは、かなり受け入れられています。

しかし、ベッドシェアリングはより議論を呼んでいます。ベッドシェアリングとは、その名の通り、赤ちゃんと同じベッドで寝ることです。これはあなたが思っているよりも一般的です。米国疾病予防管理センター(CDC)は、2015年に介護者を対象に調査を実施しました。

調査対象となった介護者の半数以上(61%)が、少なくとも時々はベッドを共有していると回答した。

添い寝のメリット

赤ちゃんと一緒に寝ることは、親と赤ちゃんの両方に身体的、感情的なメリットをもたらします。

絆の強化

添い寝は、親と赤ちゃんの絆を深めます。親子の親密さによって、授乳や慰めなどの交流の機会が増えます。夜に親のそばで寝ることは、赤ちゃんに安心感を与えることもできます。この安全感は、より良い成長につながるかもしれません。 感情の発達 分離不安が軽減されました。

母乳育児を促進する

添い寝をすると夜間の授乳が楽になります。毎晩授乳を続けるのが楽になるため、母親はより長期間(6 か月以上)授乳を続ける決心をするかもしれません。

1997 年の研究では、ベッドを共有している乳児はより頻繁に、より長く授乳していることがわかった。別々に寝ている乳児と比べると、授乳回数が多く、夜間の授乳時間は 3 倍にもなった。

SIDSのリスク低下

母乳育児の副次的な利点の 1 つは、乳幼児突然死症候群 (SIDS) のリスクを軽減できることです。ドイツの研究では、粉ミルクで育った乳児は SIDS のリスクが増加するだけでなく、母乳で育った乳児に比べて 2 倍のリスクがあることがわかりました。

両親の近くで寝ると、SIDS のリスクも軽減される可能性があります。親子の距離が近いと、赤ちゃんの呼吸と体温が調節されます。健康的な呼吸パターンも SIDS のリスクを軽減します。

咬合発達のメリット

より便利な授乳には、さらに広範囲にわたるメリットがあります。2022年の研究では、赤ちゃんのときに一緒に寝ることが、幼児期の噛み合わせの発達に良い影響を与えることがわかりました。

赤ちゃんの頃に添い寝をしていた子どもは、おしゃぶりを使ったり指しゃぶりをしたりする可能性が低く、その結果、 出っ歯になる、交叉咬合、または開咬。一緒に寝ることで、顔の発達がより良くなりました。

親のためのより良い睡眠

赤ちゃんが近くにいると、授乳やあやしなどの夜間の介護作業がより簡単かつ迅速になります。その結果、親はより安らかな睡眠をとれる可能性が高くなります。

添い寝は安全ですか?

新しく親になった人は、ベッドの共有が安全かどうか疑問に思うかもしれません。ベッドの共有は実際には生物学的な標準であり、歴史を通じて一般的でした。西洋社会は利便性のためにそれをやめてしまっただけです。親が特定の慣習に従う限り、ベッドの共有は安全です。

そうした習慣の一つが母乳育児です。 母乳で育てられた赤ちゃん 乳児は母親と共生関係にあるため、安全にベッドを共有できます。ただし、粉ミルクで育った赤ちゃんは、横向きで寝るか、母親の隣のベビーベッドで寝た方が安全です。

ジェームズ・マッケナ博士は、ノートルダム大学の母子睡眠研究所の所長であり、添い寝の第一人者として広く知られています。博士は、母乳で育てられた乳児と哺乳瓶で育てられた乳児の添い寝が同じではない理由はいくつかあると説明しています。

「母乳育児は、まず第一に、赤ちゃんを母親の隣に置く場所と方法を変えます。また、乳児の覚醒パターン、赤ちゃんと母親がお互いの動きや音や距離にどれだけ敏感か、そして乳児と母親の睡眠構造(さまざまな睡眠段階でそれぞれがどれだけの時間を費やすか、ある睡眠段階から次の睡眠段階に移行する方法と時期)は、哺乳瓶で授乳する母親と乳児のペアと母乳で授乳する母親と乳児のペアとで大きく異なります。」

米国小児科学会(AAP)は、2022年に更新されたガイドラインでも、依然としてベッドの共有を推奨していません。ベッドの共有によりSIDSのリスクが高まると警告しています。しかし、SIDSは早産児や低出生体重児とベッドを共有する場合にさらに懸念されます。健康な正期産児は、親が安全な睡眠習慣を守っている限り、それほどリスクはありません。

マッケナ博士は、SIDS と添い寝を関連づけると思われる研究についても検討しました。同博士は、添い寝と SIDS の研究結果の解釈には多くの不正確さと矛盾があると述べています。

安全なベッドシェアリングの習慣に従わない人々の例は常に存在します。しかし、だからといって誰もそうすべきではないというわけではありません。また、安全でない添い寝による窒息は、SIDS(乳幼児突然死症候群)ではないことに注意することが重要です。この 2 つはしばしば一緒に扱われますが。

安全な添い寝の実践

ベッドシェアリングの安全な実践例をいくつかご紹介します。これらは夜間だけでなく昼寝にも当てはまることを覚えておいてください。

  • 母乳で育てられた赤ちゃんは、父親の隣ではなく母親の隣で寝るのが最も安全かもしれない
  • 1歳未満の乳児は年上の子供と一緒に寝るべきではない
  • 赤ちゃんは しっかりとした寝心地 (ウォーターベッドやソファではありません)
  • ヘッドボードとフットボードに、夜間に赤ちゃんが閉じ込められるような隙間がないことを確認してください。乳児の安全な睡眠を確保するには、マットレスがヘッドボードにぴったりとフィットする必要があります。
  • シープスキンはお勧めできません。また、重みのある毛布、キルト、枕もお勧めできません。これらは過熱や窒息の危険を高める可能性があります。軽量のベビーブランケットを使用してください。
  • ぴったりフィットするベビー寝袋は、赤ちゃんに別の寝具を与えて窒息を防ぐのに役立ちます。
  • ジュエリー、おしゃぶりクリップ、歯固めネックレスなど、首を絞める危険のあるものはすべて取り除いてください。
  • 一部の親は、 ベッドサイドのベビーベッド眠っている赤ちゃんを近くに保ちながら、赤ちゃんに自分のスペースを与えます。

英国の Lullaby Trust も、添い寝用の安全なマットレスと寝具に関するガイドをまとめています。ガイドでは、硬くて平らなマットレスを使い、柔らかい寝具やかさばる寝具は避けるよう強調しています。

自立を教えるにはどうしたらいいでしょうか?

親の中には、子供がベッドから出てこないのではないかと心配する人もいるかもしれない。しかし、 赤ちゃんの睡眠トレーニング こちらからお申し込みください。始める良い方法は、赤ちゃんを徐々に自分の睡眠スペースに移行させることです。ベビーベッドまたはバシネットで数分過ごすことから始めます。その後、徐々に一人で眠る時間を増やしていきます。

移行期間中は、赤ちゃんのニーズに応えてください。赤ちゃんが落ち着かなくなったら慰めてあげてください。ただし、自分の睡眠スペースに戻って眠れるように促してください。お気に入りの毛布やぬいぐるみは、夜中に目が覚めたときに赤ちゃんが自分で落ち着くのを助け、再び眠りにつくのに役立ちます。

もう一つの懸念は、赤ちゃんの頃に一緒に寝ると、子どもが成長するにつれて自立心が低下するのではないかということです。良いニュースは、 研究により それはまったく逆でした。早期に添い寝をした子どもは、赤ちゃんの時に添い寝をしなかった子どもよりも、就学前の子どもとしてより自立し、独立していました。

添い寝やベッドの共有は世界中で一般的な習慣です。これらは新しい概念ではありません。歴史上、世界の指導者の多くが幼児期に母親とベッドを共有していたことに驚かれるかもしれません。

全てか無かではない

「すべてかゼロか」というわけではないことを覚えておくことが重要です。赤ちゃんが一晩中眠るようになったら、徐々に赤ちゃんを自分の部屋に移動させるようにする時期かもしれません。親は赤ちゃん主導の睡眠トレーニングの一環として、添い寝を活用できます。

赤ちゃんを大人のベッドで寝かせるのが理想的でない場合もあります。たとえば、親が呼吸器疾患やインフルエンザにかかっている場合、赤ちゃんをベビーベッドやかご型ベッドで一人で寝かせるのが最善でしょう。両親のどちらかまたは両方が飲酒した夜も、別々に寝かせるのがよいでしょう。

多くの親は、単にベッドを一緒に使うことに抵抗を感じています。でも、まったく問題ありません。寝つきが悪い、特定の薬を服用している、病気を抱えているなどの親は、赤ちゃんをベッドに一緒に寝かせたくないかもしれません。どんな場合でも、ここで批判されることはありません。部屋を共有することは依然として優れた選択肢です。

私がしていること/したこと

子どもが赤ちゃんだった頃、最初の数か月は一緒にベッドに寝ていました。赤ちゃんが近くにいることに慣れていたので 子宮内なので、ベッドで子供たちを私のすぐ隣で寝かせるのは自然な流れでした。赤ちゃんが動き回るようになると、子供たちが一人で寝ても安心だと感じるようになりました。

もちろん、睡眠の取り決めは赤ちゃんや家族によって異なります。自分にとって最適な方法を選んでください。

添い寝についてどう思いますか?小さなお子様とベッドや部屋を共有したことがありますか?以下で共有してください!

関連記事

最も人気のある

最近のコメント