Home世界のニュース5つの重要な事実 — 地球規模の問題

5つの重要な事実 — 地球規模の問題


この画期的な法的拘束力のある条約は2008年5月3日に発効し、すべての人々のすべての人権の完全かつ平等な享受を促進し、保護し、確保するための取り組みにおいて大きな節目となりました。

6月11日に始まる第17回締約国会議(COSP17)に先立ち、この条約に関する5つの事実と、この条約が世界中の障害を持つ13億人の男性、女性、子どもたちの生活にどのような影響を与え続けているのかをご紹介します。

ウクライナのブラティスラバにある学習センターで遊ぶ4歳の男の子。

© ユニセフ/ゴラナ・バンダ

ウクライナのブラティスラバにある学習センターで遊ぶ4歳の男の子。

1. 世界が条約を必要とする理由

障がい者は世界中で差別や人権の否定に直面しています。問題は個人の障害ではなく、社会の障壁なのです。

だからこそ条約が存在するのです。

この条約は、障害者を包摂する世界を実現する方法を定めた人権条約です。

障害のある人々が社会において真の平等を享受できるような環境を整えることが目標です。

ヨルダンのザータリ難民キャンプにある学校のインクルーシブな遊び場で、9歳の子どもが友達とシーソーで遊んでいる。

ユニセフ/ハー​​ウィグ

ヨルダンのザータリ難民キャンプにある学校のインクルーシブな遊び場で、9歳の子どもが友達とシーソーで遊んでいる。

2. 保護される権利

条約は、障害のある人々の尊厳が尊重され、彼らの意見が聞き入れられ、彼らの生活に影響する決定に関与するべきであることを強調している。これには、言論や教育の自由から医療や雇用まで、あらゆる権利が含まれる。

この条約は、技術から政治まであらゆる分野に障害者が十分に参加することを妨げる障害を取り除くよう各国に求めている。

この条約は、差別やアクセシビリティなどの障壁に対処し、女性と女児の平等も求めています。さらに、この条約は、障害者がすべての権利を完全に享受することを妨げる障壁を世界各国が取り除く方法を示しています。

家を出る際のあらゆる技術的困難にもかかわらず、ドミトリー・クズクさんは自分で買い物をし、モルドバで自立した生活を送っている。(ファイル)

UNDPモルドバ/イオン・ブガ

家を出る際のあらゆる技術的困難にもかかわらず、ドミトリー・クズクさんは自分で買い物をし、モルドバで自立した生活を送っている。(ファイル)

3. 条約の執行方法

条約が施行され、尊重され、実施される方法はいくつかあります。

個人は国連に請願書を提出できる 障害者権利委員会 権利侵害を報告する。

「この条約が存在するだけで、障害者とその団体は、政府に対して『あなた方はこれらの義務を受け入れました』と言い、義務が果たされるよう主張することができるのです」と、この条約を起草した委員会の委員長ドン・マッケイ氏は語った。

ジュネーブに拠点を置く18人のメンバーからなる委員会は、条約の重大または組織的な違反の調査も行うほか、平時、戦時、その他の危機の際にオンライン上およびオフラインで権利が適切に適用されているかどうかを監視する。

国連本部で世界ダウン症デーを記念して開催されたイベントで、健康と福祉に関するパネルディスカッションに参加する少年。(ファイル)

国連写真/パウロ・フィルゲイラス

国連本部で世界ダウン症デーを記念して開催されたイベントで、健康と福祉に関するパネルディスカッションに参加する少年。(ファイル)

4. テーブルの席

前進の鍵は、権利が侵害されている人々を交渉のテーブルに着かせることである。

今年は、障害者の権利に関する世界最大規模の会議の一つである、2024年6月に開催される最新の締約国会議(COSP17)に参加するために、非政府組織(NGO)の代表者数百人がニューヨークに集まります。

条約が交渉されて以来、国連や世界各国の会議で障害のある人々の視点や意見が聞かれるようになりました。

国連本部の大きなテーブルは現在、車椅子でのアクセス、聴覚ループの使用、点字による文書、拡大印刷または手話の使用など、アクセシビリティの要件に対応しています。

音楽界のレジェンドであり国連ピース・メッセンジャーでもあるスティーヴィー・ワンダーが、2013年に国連総会の障害と開発に関するハイレベル会合で演説した。(ファイル)

国連写真/アマンダ・ヴォワサード

音楽界のレジェンドであり国連ピース・メッセンジャーでもあるスティーヴィー・ワンダーが、2013年に国連総会の障害と開発に関するハイレベル会合で演説した。(ファイル)

5. スポットライトを浴びる

視覚障害を持つシンガーソングライターで国連ピース・メッセンジャーのスティーヴィー・ワンダーなど世界的著名人も声を上げた。

「目が見えるからといって、世の中で解決すべき問題に気づかないということではありません」とワンダー氏は言う。 言った世界中に3億人の視覚障害者がいることを指摘した。

「私たちは本当にさまざまな能力を持った健常者です。私たちは包摂されなければなりません。」

国連ビデオを見る 国連アーカイブからの物語 音楽界のアイコンが点字についての常識にどう挑んだかについて: ここ

ダコタ・ファニングは自閉症の固定観念を打ち破りたい

「自閉症について耳にするある種のステレオタイプがあると思いますが、自閉症児の親や自閉症の人に会うことで、そのようなステレオタイプは実際には存在しないことをすぐに学びました」と女優のダコタ・ファニングは語った。 国連ニュース 映画の中で自閉症のウェンディを演じた彼女の役について語る しばらくお待ちください

「だから、私はステレオタイプを広めたくなくて、他の若い女性を描くのと同じように彼女を描きたかったのです」と彼女は語った。

「私は人生の一部を差別とともに生きてきました」と、ダウン症を持って生まれたカナダの活動家、俳優、トークショー司会者のニック・ハード氏は語った。

「私は幼い頃、そして成長期には障害のせいでいじめられましたが、今では子どものころからの声を、もっともっと大きな声で届けることができます。障害者も議論に参加できるよう、ビルの屋上でも山の上からでも、国連よりも大きな声で叫ぶことができます。」

「戦争では、障害者は被害者として扱われ、人道支援における平等を否定され、平和プロセスから排除されることが多い」 言った 著名な写真家ジャイルズ・デュリー。紛争や平和構築の現場における障害者の初の国連グローバルアドボケート。

「今こそ変化の時です。私たちが力を合わせれば、変化を生み出す力と機会が得られます。」

誰が乗ってるの?

障害者の権利に関する条約は 2006 年に署名が開始されました。署名国は次のとおりです。

国連障害者権利条約。2006 年に加盟国の代表者による署名を待っている。(ファイル)

国連写真/パウロ・フィルゲイラス

国連障害者権利条約。2006 年に加盟国の代表者による署名を待っている。(ファイル)

  • 今日現在、 191カ国 国連のオブザーバーは条約を批准しており、 106カ国が選択議定書を批准
  • 2008年に条約が発効して以来、国連とその機関は条約の規定の拡充に取り組んできた。
  • 持続可能な開発のための2030アジェンダは、17の目標において誰も取り残さないことを目指しています。 持続可能な開発目標 (SDGs)
  • 未来サミット 国際協力を全面的に包括的なものに再編成する意向
  • チェックしてください 国連障害者包摂戦略
  • 条約とその オプションプロトコル 条約署名国による年次会合「締約国会議」(コスポ) – 実施状況を監視し、現在のテーマや傾向について議論する。今年のCOSP17は、2024年6月11日から13日まで国連本部で開催され、雇用、テクノロジー、人道的緊急事態に焦点を当てる。
  • 障害者権利委員会について学ぶ ここ
  • 過去および現在の年次締約国会議(COSP)をフォローする ここ
関連記事

最も人気のある

最近のコメント