HomeテクノロジーDuolingoがデトロイトを拠点とするデザインスタジオHobbesを買収

Duolingoがデトロイトを拠点とするデザインスタジオHobbesを買収


言語学習アプリ デュオリンゴ は、2021年のIPOに続いてデザイン分野で2度目の買収を行った。火曜日、同社はデトロイトを拠点とするアニメーションおよびモーションデザインスタジオHobbesの買収契約を完了したと発表した。

スタジオはすでにDuolingoと協力していくつかの機能を開発しており、 同社の新製品、Duolingo Music、その他のアニメーション デザイン システム、製品アーキテクチャなど。契約締結に伴い、Hobbes の 12 人のデザイナー、モーション アニメーター、クリエイティブ ストラテジスト、クリエイティブ ディレクター、プロデューサーが Duolingo にフルタイムで参加し、同社初の専任モーション デザイン チームを結成します。

チームはデトロイトに留まり、デュオリンゴのデトロイトオフィスの向かいにオフィスを構える予定で、同社の発表によると、デトロイトオフィスの規模はほぼ2倍になるという。

取引条件はすぐには明らかにされなかった。

これに先立ち、Duolingo は 2022 年に Gunner を買収しました。Gunner はデトロイトを拠点とする別のアニメーションおよびモーション デザイン スタジオで、アプリをより楽しく魅力的なものにするゲーム メカニクスに取り組んでいました。デザインとアニメーションは Duolingo エクスペリエンスの中核であり、新しい言語やスキルの学習を、恐ろしいタスクではなく、ゲームのように感じさせます。

「デザインはDuolingoの成功に欠かせない要素です。特にキャラクターのイラストやアニメーションの使用は、Gunnerがチームに加わってから本当に加速しました。Hobbesのユニークな才能をデザインチームに迎えることで、モーションデザインの使用を加速することができます」とDuolingoの最高デザイン責任者であるライアン・シムズ氏は声明で述べています。「私たちは、よりアニメーション化された製品体験はより楽しく、より満足のいくものであり、より良い学習成果につながるという信念に投資しています。」

関連記事

最も人気のある

最近のコメント