Home世界のニュースLion-Kofu証券取引デジタルプラットフォーム 開通。金融市場において、より効率的な取引手法が登場する!

Lion-Kofu証券取引デジタルプラットフォーム 開通。金融市場において、より効率的な取引手法が登場する!

2024年1月31日、シンガポールのライオン・グローバル・インベスターズ(LGI)と野村アセットマネジメントが協力して、人工知能を活用した初のアクティブ管理型ETF「Lion-Nomura Japan Active ETF」を発売しました。

投資者は各自のブローカーを通じてこのETFを購入することができ、成長ポテンシャルが高い優良な日本株へのアクセスが容易になります。

最近、LGIと日本の国府証券が合弁で設立したライオン・国府アセットマネジメント会社が、米国のMoney Services Businessおよび日本の金融庁からの承認を受けました。

これにより、LGIは日本での資産管理分野において、第二の協力関係を確立しました。

LGIのチーフ・インベストメント・アドバイザー 、清滝信宏教授は「この協力関係により、LGIはオンラインでの存在を構築し拡大することができ、顧客のニーズの変化に応じることが可能になります。取引と投資の業界は変化しており、技術とリソースの活用、そして強力なウィンウィンの協力関係により、コストと複雑性を低減し、投資者により優れた取引体験を提供できます」と述べています。

ライオン・國府アセットマネジメント会社は近い内に、Lion-kofu証券取引デジタルプラットフォームを開通する予定です、投資者はより迅速な登録プロセスと低い手数料を期待でき、より多くの投資選択肢と効率的な取引方法(OTC取引)を享受することが可能となります。

場外取引(OTC)とは何ですか?

場外取引とは、高効率だがあまり知られていない株式取引方法です。この方法では、大株主や機関投資家が公式の証券取引所の営業時間外に保有する大量の株式を小口に分けて、複数の投資家に割引価格で販売することができます。この取引は通常、配分の前日の終値を基に割引が行われ、購入者にとって即時の利益のチャンスを提供します。

場外取引の主なメリット

場外取引の主なメリットは、機関投資家や大株主に市場価格を過度に乱すことなく、大量の株式を効果的に配分するメカニズムを提供することです。この取引方法により、株式は市場価格よりも低い価格で一次市場において他の機関投資家や上場企業とのオフラインの交渉を経て取引されます。これは大規模な売却が市場価格に与える潜在的な悪影響を軽減するだけでなく、投資家に市場への低コストでのアクセスを提供します。

米国の場外取引の普及状況

米国などの先進国では、場外取引は成熟した人気のある方法であり、多くの機関投資家に採用されています。米国市場は厳格に監視されているものの、場外取引に関する規制は成熟しており、この種の取引に明確な法的支援を提供しています。この制度は資本の効率的な流動を促進し、市場の深度と幅を増加させ、大手機関が資産ポートフォリオを柔軟に調整するのを助け、通常は入手困難な株式を小口投資家が取得する機会を提供します。

場外取引が個人投資家にもたらす利益

場外取引は個人投資家にとってもメリットがあり、市場価格よりも低いコストで株式を購入する機会を提供します。これは通常、機関が大量に株式を売却する際には実現しにくいものです。しかし、場外取引に参加することで、市場の動向による影響前に低価格で株式を購入し、株価が上昇した際に利益を得ることが可能です。この方法は短期間で資本を増やしたい投資者に特に適しています。

日本における場外取引発展の見通し

一方、成熟した米国市場と比較して、日本の場外取引の規制枠組みは若干遅れがあり、これが取引形式の発展をある程度阻害していました。しかし、グローバルな金融市場の統合と規制の更新に伴い、日本市場もこの取引方式を受け入れ始め、関連法律と規定を段階的に改善しています。さらに、ライオン・国府アセットマネジメントの設立は、日本市場が新たな金融取引方式を受け入れ、適応していく上での重要な進歩を象徴しています。

全体として、場外取引は機関投資者に便利な取引手段を提供すると同時に、個人投資家に市場価格を下回る価格で株を購入する機会も与えています。

現在、この取引方法は主に米国市場で市場の効率性と流動性の向上に貢献していますが、将来的には世界的な金融規制の進化に伴い、場外取引が更に多くの国で展開され、その存在が広く認識されることが期待されています。

関連記事

最も人気のある

最近のコメント